親子留学生活モデル・ハミルトン編

またまた、この記事も筆者の独断と偏見によりお届けする情報です。自分なら何処選ぶかなあ?とそれなりに考えてみたモデル生活プランです。マンションが探しやすいエリアと学校の距離関係と生活スタイルをイメージするのにサンプルとして検討材料にしてみてください。

居住エリアをハミルトンでモデルしてみる

ハミルトンというブリスベン空港とCITYの間にある地域の川沿いに、ユニットがたくさん立ち並ぶ再開発地域があります。このエリア、1LDKとか2LDKの部屋も多くあり、家具付き物件もたくさん出ています。車のある生活 + 車で出やすい生活という意味でもおすすめエリアの一つです。実はこのエリア、川沿いにハミルトンハーバーと呼んでいるクルーズ船の客船ターミナルがあります。バスもCITY CATというフェリーも使えるので、普段の生活も便利な上に、CITYの周辺ほどごちゃごちゃしてないのがおすすめです。また、再開発地域でないハミルトンというエリアは、豪邸が立ち並ぶ高級住宅街で丘の上に、お城の様な家(ちょっと言い過ぎかもしれません。)が立ち並ぶエリアもあるんです。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

ハミルトンのおすすめポイント

市街地より少し静かな雰囲気が魅力。ブリスベンリバー沿いのエリアなので、散歩やジョギングにも魅力的なエリアです。ブリスベン川沿いのエリアに1LDKや2LDKのマンションがたくさんあり、物件数も多くCITYより安い。マンションの地下に駐車場が完備されているので、車を購入しても問題なし。ハイウエイまでの距離も近く、南北エリアへのアクセスもしやすい場所です。

何がある?

ハミルトンハーバーには、レストランやシアターなどもあって、ちょっと外食したい際にも朝から夜まで何かしらの飲食店が営業しています。川を見ながら食事できるレストランが数軒、バーもあり、徒歩でくつろげる場所があります。

買い物の利便性

徒歩圏内に”Woolworth”、”IGA” の小型バージョンではありますが、スーパーもあります。通常の大型のスーパー(”Woolworth”、”Coles”)へは車で行く事になりますが、空港にある24時間営業の”Woolworth”へ10分ほどで行く事が可能です。

お子さんが喜ぶポイント

最近ローカルで人気のハーキュリーズストリートパークという公園があります。なかなか大きな公園なのですが、遊具もたくさんあり子供だけでなく、大人も運動しにやってきたりしています。

週末のおすすめポイント

金曜日、土曜日、日曜日は “Eat Street Northshore” という巨大な屋台村の様な所でライブを嬉々ならがの食事ができます。さまざまな国の料理やスイーツが楽しめるブリスベンの人気スポットも徒歩でOK!

学校とのリンク

Earnshaw State College:<住所> Cnr Earnshaw and Tufnell Roads, Banyo QLD

距離:車でおおよそ8KM・12分 ※ハミルトンから学校までは、あまり渋滞するエリアではないので、車の移動も苦にならないレベルでは?

Kelvin Grove State College:<住所> L’Estrange Terrace, Kelvin Grove QLD

距離:車でおおよそ8KM・10分-15分 ※ハミルトンから学校までは、インナーシティバイパスを経由したらCITY内を通らなくてもよく、酷い渋滞に巻き込まれる事はありません。

画像をアップロード

メールで問い合せる

短期・長期語学留学から大学・専門学校など各コースに合わせて、現地のスタッフが無料でカウンセリングを行っております。