オーストラリアでの住居の選択肢

これはもちろん私たちの主観で書いている記事なので、それが全てとは言いませんが、大まかに小学校に通う為に住居を探すと言っても選択肢がたくさんありますので、考えられるスタイルを一部ご紹介したいと思います。

ホテルに滞在する

2週間レベルならこれでもいいかもしれませんが、それ以上となると流石にホテルの狭い部屋にずっと滞在するのは厳しいかもしれませんね。レストランやカフェがあるので、料理をする手間が省けるのは事実かもしれませんが、いかがでしょうか?2人以上で滞在すると、コストは高い方ではないかもしれませんが、食事の事や利便性でちょっと長期は難しいかと思います。

ホリデーユニットという選択肢

これは私が考える一番現実的な第一歩で日本にいる時から予約できる住居の選択肢の一つです。日本ではコンドミニアムと呼んでいますが、普通のマンションの様なホテルにお皿やフォークナイフ、タオルまでついているので、食材や消耗品以外何も買わないで生活できますので、到着した日から、普通の生活が送れます。

フロントがあったり、管理人も常駐しているので、部屋で故障やトラブルがあっても、電話一本で補修可能です。もちろん光熱費を別に払ったりする必要はなく、契約によってはクリーニングまで入ってくれます。最近はインターネットのコネクションもサービスでついているところもあるでしょう。こちらではホリデーユニットとかサービスアパートメントと呼んでいます。このタイプは、街内やリゾート地に多く見られます。光熱費はっきり言えばこのアパートで十分生活できますが、通常に家を借りるよりお値段が少し高いのがデメリットです。短期の滞在であればこれで十分ですが、長期になると通常のマンションを借りた方が効率的かもしれません。もちろんケースバイケースですが、長期滞在でクリーニング回数を減らす交渉をしたりして、価格の交渉に応じてくれるアパートもあります。

このタイプは、学なびでも事前のご用意が可能なので見積もり含めご相談ください。

・オーストラリアの代表的なチェーン

OAKS Apartment

Mantra

マンションを借りるという選択肢

これも現実的ですが、日本にいる時に賃貸契約を済ませてしまう事はちょっと難しいかもしれません。しかしながら、こちらのマンション、街やリゾート周辺の物件は、探せば、家具なしの物件と家具が全てついている、ファーニッシュドという呼び方をされる物件があり、家具付きが少し割高ではあるものの、そのまま住める物件もあります。

家具を買って、帰国の際に売却したりする事を考えると、このタイプのマンションを借りる事が一番現実的な生活方法です。但し、食器やフォーク、ナイフ、タオルなんかは自分で購入する必要があり、光熱費やインターネットも全て自分で契約しないといけません。

物件を借りる方法は、関連記事「マンションを借りよう!」をご覧ください。

戸建を借りるという選択肢

これは、どうしてもと言われれば止めませんが、おすすめできません。まず家具付き物件が少なく、借りる時点でのハードルも結構高いです。もう一つのハードルは、芝刈りです。夏には2週間に1回このミッションが回ってきます。このハードミッションでおおよそ半日の時間がなくなってしまします。私もオーストラリアの平家、戸建物件に憧れて、一度賃貸で住んで見たことがあります。家は広くて物凄く快適なのですが、決まった日のゴミ出し、芝刈りミッション(やらないと近所の人から嫌味を言われる)のプレッシャーで仕事が忙しくなってきた時点で諦めました。もちろん全て業者任せでとおっしゃる方はどうぞオーストラリアの広い家を堪能してください。また、タウンハウスと呼ばれる少し小さめの物件があります。コンプレックス(住居を集めた様に建てられた限定的エリア)内だったら、家具付き物件もマンションと同じように出ているかもしれません。

ホームステイをする

これもお手軽に住居が見つかる方法の一つです。親子でホームステイする事も不可能ではありませんし、学校の送り迎えの協力を得る事ができるかもしれません。私たちの会社でもホームステイはご紹介しているので、条件に見合うファミリーを探す事ができるかもしれませんね。短期の場合にはかなりおすすめの滞在方法ですが、日中みんな仕事に行っているのに、自分は家にい辛いなどの声を聞く事もあります。

シェアハウスを探す

これもかなり現実的な方法です。親子で入れてくれるか?と尋ねて来られる方もいらっしゃる様です。しかしながら、お子様がいらっしゃる中で、私たちが相手の素性も分からない人の家に住まれる事を推奨する事はできませんので、自己責任で探していただく事になります。現実的な方法ではありますが、こちらに到着されてから、しっかりとインスペクションをされ、相手の方と会って決められる事を強くおすすめします。

画像をアップロード

メールで問い合せる

短期・長期語学留学から大学・専門学校など各コースに合わせて、現地のスタッフが無料でカウンセリングを行っております。