オーストラリアの運転免許証を作ろう

オーストラリアは日本と同じ右ハンドル、左側通行なので基本日本人にとって馴染みのある環境で車の運転が可能です。また日本とオーストラリアは協定があるので、日本の運転免許証からオーストラリアの運転免許証に書き換えをしてくれます。また、国際免許証でのオーストラリア国内での運転は、入国から3ヶ月までと限定されているので、有効な国際免許証を持っていても、違反になる可能性があるので注意しましょう。

運転しなくても免許が必要

こちらで生活すると、さまざまなシーンでIDの提示を求められます。国際免許証と日本の免許証では通常IDとして使用させてくれない場合があり、英語表記のIDは通常パスポートのみになってしまします。2個以上のIDを提出しなさいと言われるシーンが多く、最低でも免許証は作っておいた方が良いと思います。賃貸住宅の契約などでも使用できます。また、免許証があると、パスポートを持ち歩く必要がなくなりますので、安全面でも良いと思います。

有効な免許証とプロによる翻訳が必要

免許証を取得する方法に関しては別記事でもご紹介していますが、有効な日本の免許証と、プロによる翻訳が必要です。まずオーストラリアに免許証を持ってくる事、到着したら、日本領事館で翻訳を依頼して書類を作成してもらう事です。住所が必要になりますので、居住地の確定も必要ですが、早めに作る事をおすすめします。

免許証の申請方法

Queensland GovernmentのDepartment of Transport and Main Roadというセクションのサービスカウンターで免許証書き換えの申請をします。詳しい情報は、”QLD運転時に必要なもの & 免許切り替え方法” の記事を参照してください。

交通ルールの違い

時々オーストラリアと日本の交通ルールは、ほぼ同じと言う人がいますが、それは少し違います。交差点での優先順位が多少違いますので、きちんと理解していないと道路で他人に迷惑をかけてしまいます。免許証はくれますが、一度ルールブックに目を通してから運転される事を強くおすすめします。またオーストラリアには、ランドアバウトと呼ばれるサークル形の信号がない交差点がたくさん存在します。ここにルールを理解せず突っ込むと大変な事になってしまいます。トラブルに巻き込まれたり、事故を起こさないためにも、ルールを知りましょう。

画像をアップロード

メールで問い合せる

短期・長期語学留学から大学・専門学校など各コースに合わせて、現地のスタッフが無料でカウンセリングを行っております。