学なびで現地到着

ここまで来れば安心です。あとは学なびスタッフと合流さえできればOK! ただ入国手続きは自分でやる必要がありますのでスタッフと合流までしっかりとがんばりましょう。

必要な事は入国カードの記入くらい

飛行機に搭乗したらもうやる事は入国カードの記入くらいです。これだけやったらあとは寛いでください。通常は機内で入国カードの配布がありますので、しっかりと記入してください。持込品の申告欄は、必ず申告漏れのないように記入しましょう。申告していない場合、没収されるだけではなく、虚偽申告として罰金の対象になる場合があるので注意しましょう。

飛行機を降り、入国審査場に進み、16歳以上の方は、スマートゲート(自動入国装置)を通り預けた手荷物を回収後税関を通過し、到着ロビーまで進みます。

到着後の行動(ブリスベン空港・ゴールドコースト空港の基本パターン)

到着ロビーで学なびのスタッフが待っています

到着ロビーまで出ると、学なびのスタッフがあなたのネームプレートを持って待っています。空港のロビーまで出てしまえば、あとはスタッフを見つけてください。ホームステイ到着まで同行しますのでご安心を。

送迎車に乗り込み学なびのオフィスへ向かいます

ブリスベン・ゴールドコースト空港の到着の場合、学なびの送迎車に乗りオフィスに向かいます。ほとんどの場合、日本語が話せるスタッフが迎えの担当をしていますので、安心して社内で日本語で質問もできます。

オフィス到着後オリエンテーションを行います

学なびのサポートサービスは空港到着後すぐに始まっています。到着後、そのままホームステイ先に直行という事はありません。しっかりとオーストラリアでの生活方法を理解し、バスや電車のICカードを用意し、携帯電話も用意した上で実際のバスや学校も確認してからホームステイ先に向かえます。買い忘れたものなんかがあった場合も、スタッフが時間を用意してくれます。

この安心のサポートサービスは、何曜日に到着しても行いますが、ホームステイ先の夕食時刻までには到着するというルールから、午後2時くらいの空港到着までの時間が限界となります。それ以降の場合は翌日に行いますので、到着時刻選定の際に考慮してください。

到着当日のオリエンテーション時にできる事

再度送迎車で滞在先に向かいます

オリエンテーションで一定の知識を得たあとに学なびのドライバースタッフと一緒にホームステイ先に向かいます。道中でも車から、バスの降車ボタンを押すタイミング等も確認しながらバス停、駅の確認も行い、ホームステイ先に行きます。

ホストの初対面もスタッフが立ち合います

到着後はあなたをファミリーに紹介して、何か質問等があればスタッフと一緒に解決しましょう。ホストファミリーも家からバス停、駅までのフォローをします。

これで入学当日は心配なし

おそらく前日のオリエンテーションにより、迷わず時間に学校に到着することができるでしょう。学校が終わったら、再度学なびのオフィスを訪問してください。到着時に時間の都合上処理できない事務手続きを行います。この日でオーストラリアで日常生活を送る準備が全て整います。あとは必要なら免許証の切替などを行うと、更にローカルとしての生活が便利になるでしょう。

到着翌日以降にオフィスでやること

  • 銀行口座
  • 在留届提出
  • TAXファイルナンバー取得

到着後の行動(ケアンズ空港の基本パターン)

到着ロビーで提携先のドライバーが待っています

ケアンズ空港の到着時は、提携先のドライバーがお待ちしており、空港からホームステイまたはスチューデントアコモデーションまでお送りします。

オリエンテーションはオンラインで行います

オリエンテーションはZOOMを使用してオンラインで行います。ホームステイ先に到着したらWIFIを接続して学なびスタッフとオンラインでお話ししながらオリエンテーションを行います。PCやタブレットなど、動画が見れオンラインでコミュニケーションが取れるデバイスを用意してください。

画像をアップロード

メールで問い合せる

短期・長期語学留学から大学・専門学校など各コースに合わせて、現地のスタッフが無料でカウンセリングを行っております。

前の記事

学なびで留学に出発

次の記事

学なびで留学生活