ワーキングホリデービザ(2021年8月最新)

みなさんこんにちは!!
ワーキングホリデー制度を利用し2019年‐2021年の間にオーストラリアへ渡豪しようと計画していた方はたくさんいらっしゃったでしょう。ビザ申請も完了しあとは国際間のゲートが開くのを待つだけと思い早2年。。。

本ページはビザをすでに取得した方とこれからビザを申請しようかと考えておられる両者向けのページとなっております。

ビザを申請したがオーストラリアに入国出来ていない方

オーストラリアでこんなことやあんなことをしようと計画をしていた方がたくさんいらっしゃることは重々承知しております。
しかしコロナにより全ての計画が崩されてしまったでしょう。こちらの場合以下の方法がございます。

①nil VAC (Visa Application Change) WHM Visa申請

②返金要請

双方に関連している条件は
-現在お持ちのVISAが2020年3月20日以前に取得したものである。
-上記のVISAが2021年12月31日までに有効期限が切れる。

①nil VAC (Visa Application Change) WHM Visa申請方法

こちらのビザを申請する場合は以下の条件をパスしていることが必要です。

  • 2022年12月31日までにオーストラリア国外から申請
  • ワーキングホリデービザ申請に必要なパスポートを所持 (subclass 417)
  • ビザ申請時の年齢が18歳以上30歳以下であること
  • 健康面の条件をパスしていること
  • お世話が必要なお子様と共に渡豪しないこと

上記をご確認いただき、まだオーストラリアへの入国を諦めていない方はぜひ申請しましょう!

nil VAC WHM Visaの有効期間

有効期間はワーキングホリデービザと全く同じです。
ビザ取得から12か月の間にオーストラリアへの入国を行い、入国後12か月間ビザが有効になります。
また、通常のワーキングホリデービザと同様に1年目に3カ月間特定の場所・仕事をこなすことで2年目のビザを申請することが可能です。
3年目申請も同様であり、6カ月特定の場所・仕事をこなすと可能です。

特定のお仕事リストはこちらをクリック!
コロナの影響により、今までなかった職種が追加されていますよ。

②返金要請

返金方法に関しましては、nil VAC WHA Visa申請の条件と真逆です。
①で求められている条件をパス出来ない場合返金が認められます。返金の際に必要な書類に関しましては以下のRequest Formをクリック下さい。
COVID-19 travel restrictions VAC refund request form.

まとめ

ビザや学校に加えオーストラリアで生活するうえで大切な情報をこちらの学ナビページに更新していきますので是非チェックしてください!
また学ナビInstagramのフォローも宜しくお願いします!

参考資料:

https://covid19.homeaffairs.gov.au/refunds-and-waivers-visa-application-charges#toc-7

https://minister.homeaffairs.gov.au/AlexHawke/Pages/working-holiday-Maker-Visa-maker-visa-changes-helping-COVID-19-recovery.aspx


画像をアップロード

メールで問い合せる

短期・長期語学留学から大学・専門学校など各コースに合わせて、現地のスタッフが無料でカウンセリングを行っております。