QANTAS/カンタス航空より渡豪に関するニュース

(17.09.2021)

2021年12月18日は旅行業界だけでなく皆さんにとっても、大きく前進する日となりそうです!
前回のカンタス航空の発表から一か月近く経ち、更に詳しい国際フライトの開始日と目的地が下記の内容で発表されました。

  • Brisbane ブリスベン – Los Angeles ロサンジェルス (12月19日日曜日)
    Brisbane ブリスベン – Singapore シンガポール (12月19日日曜日)
  • Sydney シドニー – London ロンドン (12月18日土曜日)
    Sydney シドニー – Los Angeles ロサンジェルス (12月18日土曜日)
    Sydney シドニー – Vancouver バンクーバー (12月18日土曜日)
    Sydney シドニー – Singapore シンガポール (12月18日土曜日)
    Sydney シドニー – Tokyo 東京 (12月19日日曜日)
    Sydney シドニー – Fiji フィジー (12月19日日曜日)
    Sydney シドニー – Honolulu ホノルル (12月20日月曜日)
  • Melbourne メルボルン -Singapore シンガポール (12月18日土曜日)
    Melbourne メルボルン -London ロンドン (12月18日土曜日)
    Melbourne メルボルン – Los Angeles ロサンジェルス (12月19日日曜日)


カンタス航空の動きに合わせて、政府の動きも前向きになるのではと大きな期待をしつつも、まだ、オーストラリア政府からは国境再開についての公式発表はされていません。それでもなお、着々に良い方向に向かっている兆しが見えて嬉しいですね。
引用元:https://www.qantasnewsroom.com.au/media-releases/qantas-group-outlines-strategy-for-restarting-international-flights

(27.08.2021)

QANTAS Groupよりまだ決定ではありませんが、とても明るいニュースが公表されました。

簡潔にまとめますと、
2021年12月中旬にオーストラリアの国境が再開された暁には、QANTAS航空を利用可能となる第1候補グループに「日本」が現在入っているようです!


国境が開くかどうかとは下記の2つに委ねられています。
①国境が開くかどうかの指標はオーストラリア内の80%以上がワクチン接種を完了
②今後の政府の動きや決定による

現在2021年8月27日(金)
●ワクチン接種開始::約1770万人
●上記の内すでに2度目も接種済み:約646万人
●オーストラリア人口におけるワクチン接種完了:25.5%
●1度目のワクチン接種完了/日:約14.5万人
●2度目のワクチン接種完了/日:約12万人

単純計算でこのまま順調に接種率が更新されていくと、12月には人口の80%が完全に言接種を完了するという事になります。

現在オーストラリア内では「ファイザー」と「アストラゼネカ」が出回っております。ファイザーを選択する方が多く、こちらの場合1度目を接種後、3週間後には2度目の摂取が可能となるので、接種率の上昇には期待が持てますね。

QANTASの予定
2021年12月中旬:北米・イギリス・シンガポール・日本
2022年4月頃:バリ・ジャカルタ・マニラ・バンコク・プーケット・ホーチミン・ヨハネスバーグ

引用元:https://www.qantasnewsroom.com.au/media-releases/qantas-group-outlines-strategy-for-restarting-international-flights



画像をアップロード

メールで問い合せる

短期・長期語学留学から大学・専門学校など各コースに合わせて、現地のスタッフが無料でカウンセリングを行っております。