オーストラリア留学のために応募できる奨学金

「奨学金ってどういう制度なの?」「奨学金とはどこでもらえるの?」という疑問に関し、意外にもみなさんの周辺にあるんです。例えば、 あなたの住んでいる地域の自治体や企業が奨学金制度を設立している場合もあります。大きくなると日本政府やオーストラリア政府が設立しているので、申し込み条件に当てはまるのであれば、応募してみる価値ありです!

奨学金は大きく分けると2種類あって、給付タイプ貸与タイプがあります。

給付タイプは返済義務なしなので、応募できる条件やもらえる確率も厳しくなっています。
★貸与タイプは返済することが条件となっていますので給付タイプと比較すると応募資格や受け取れる条件も簡単になっています。

こちらのページではオーストラリアに留学する目的で応募できる奨学金制度にいくつかご紹介いたします。

トビタテ!留学JAPAN

日本文部科学省が運営する奨学金制度です。

対象:高校生、大学生

自分自身で留学をする目的や目標を明確にし、その実践活動を行う留学計画が認められればそれを支援してくれます。高校生や大学生向け、さらに目的に合わせられるコースがいくつかあります。 奨学金支給額は留学先や目的によって変わります。

デスティネーション オーストラリア奨学金 (Destination Australia Program)

オーストラリア政府奨学金制度です。オーストラリアの地方都市の高等教育機関を発展させる為、オーストラリアの地方教育機関で勉強をする留学生とオーストラリア人学生を支援することを目的としています。

対象:大学生以上

この制度は各教育機関を通して提供されているため、直接この制度を受け付けている学校に申請します。各州で地方都市にあるさまざま大学や教育機関がこの奨学金制度受け入れ校の登録をしています。

日本学生支援機構

独立行政法人日本学生支援機構(Japan Student Services Organization)略称JASSO(ジャッソ)が提供する留学奨学金制度。この制度は給付タイプと貸与タイプの2種類あります。

対象:大学生以上

「海外短期大学・大学・大学院に留学をする日本国内大学等に在学する学生」や「学位取得を目的として積極的に海外の大学や大学院に進学を希望する方」を対象にした奨学金制度。

さいごに

留学費用は学費だけではなく、オーストラリアで生活する資金も必要となります。これを全額にしてみるとやはり安くはないのが現実です。

奨学金を出しているほとんどの機関は、将来はその奨学金をもらって留学をした学生がその地域、社会、企業、国のために貢献できるような人材を育成できることを目的にしています。日本では学ぶことができない技術や知識を留学先で勉強することや、オーストラリアの大学や大学院で研究をしたり専門的な勉強したりする留学生が対象になっている制度が多くなります。それでも割合は少なくなりますが、英語をオーストラリアで勉強するためや高校生の留学を支援してくれる奨学金制度もあります。

上記の奨学金以外にもあなたのお住いの自治体や企業、団体などでオーストラリアに留学するために受け取れるさまざまな奨学金制度があります。資金面においてご不安をお持ちの方は、各機関にお問い合わせをすることで、あなたにあった奨学金制度が見つかるかもしれませんよ


画像をアップロード

メールで問い合せる

短期・長期語学留学から大学・専門学校など各コースに合わせて、現地のスタッフが無料でカウンセリングを行っております。