【お客様インタビュー】ワーホリ編・ゆいさん

初めての海外。今行かなきゃ後悔する!

”今行かないと後悔する”。7年務めた職場を退職してワーホリという大きな決断したYuiさんの体験談です!コロナの影響もあり予定通りにいかず大変な時期もあったとおっしゃりながらも、とても楽しそうにブリスベンでの生活について話してくれました!ワーホリしたいけどなかなか勇気がでなくて行動できない方必読です!必ず背中を押してくれます。

ワーホリしようと思ったきっかけは?

もともと日本で会計に関わる仕事をしていました。ちょうど7年目に入る時期にこれからのキャリアについてすごく悩んでいたんです。このままここで働き続けたほうがいいのかな?転職した方がいいのかな?なんて(笑)それでキャリアコンサルタントの方に相談をしていました。そこで英語に興味があり、留学をしてみたい気持ちがあることを話したら、想像以上に背中を押してくれました。今、1年間海外にいって、帰ってきた後はどうなるの?仕事は見つかるの?きりがないほどの悩みや不安がありました。しかし、留学先や学校について調べていくうちに、もう行きたい!っていうワクワクする気持ちが不安よりも上回っていました(笑)

今思うと本当にあの時決断できてよかったなぁと思います。あの時は私がこっち(オーストラリア)でTAFE(専門学校)に行くことになるなんて想像もしていなかったです(笑)

ブリスベンを留学先に決めた理由は?

去年のゴールデンウィークの10連休で下見がてらゴールドコーストに人生初めての海外旅行で行きました。その時の印象がすっごくよかったんです。冬なのにそこまで寒くなくて過ごしやすいなと感じました。あとは、エージェントの方に、教育機関がしっかりしているから勉強に集中したいならブリスベンがいいよと勧められたことなどが決め手になりました。

学生ビザではなくワーホリにした理由は?

単純にお金の面がおおきかったです。もともと勉強がしたくてオーストラリアに来たので学生ビザでもよかったのですが、まとめて学費を払わいといけないこともあり初期費用が高かったのと、もし肌に合わず帰りたいってなったら怖いなと思いワーホリにしました。最初の4か月間学校に通い、残りの期間で頑張って働いてお金を貯めようと思っていたんですが、コロナの影響でなかなか思うようにはいきませんでした。

最後にスタッフより

ゆいさんいつもご来店ありがとうございます。日本に帰ってからの仕事探しを考えると、いろんな葛藤があったでしょうが、大人になってからも勉強する事や、次の仕事に向かっての新しい勉強や挑戦は、必ずいい方向に向かう事だと私たちは信じます。欧米の勉強やキャリアに関する価値観と、日本の価値観はかなり違うでしょうが、きっと日本に帰られても、今回身につけた言葉への自信と新しい専門知識はゆいさんの原動力になると思います。コロナで大変な時期に私たちのサービスをご利用いただき本当に感謝しています。残りの勉強も全力で頑張ってください。

ハックルベリー留学担当スタッフ

画像をアップロード

メールで問い合せる

短期・長期語学留学から大学・専門学校など各コースに合わせて、現地のスタッフが無料でカウンセリングを行っております。